ライセンスについて

AEA上級認定エステティシャン

高水準の知識・マナー・技術を持つエステティシャンの証明となる資格。上級認定エステティシャン※取得後、2年の実務経験を経てインターナショナルエステティシャンの

受験資格が得られます。

AEA(日本エステティック業協会)とは、1987年に設立されたエステティック業の健全な発展を目指すサロン経営者の団体。

認定エステティシャン数はエステティック業界内で1番多い。

AEA日本エステティック業協会の認定カリキュラムに沿って、解剖生理学や皮膚科学などの専門知識やエステティック業界で必要とされる最新の技術を実践に即して学びます。そして、美を追求し世界に通用するプロフェッショナルのエステティシャンへと育てます。

※2010年4月1日より資格名称の変更がありました。

旧名称: AEAベーシック認定エステティシャン→新名称:AEA認定エステティシャン

旧名称:AEA認定エステティシャン→新名称:AEA上級認定エステティシャン

詳細は こちらでご確認下さい

JNAネイリスト技術検定3級

ネイルケアに関する基本的な技能及び知識をマスターする日本ネイリスト協会が定めた検定。

日本ネイリスト協会とは、1985年に設立された国際的に通用するネイリストの育成とネイルの普及と発展に努める団体。

ネイルの基礎であるベーシックなネイルケアを学びます。

JAAアロマコーディネーターライセンス

アロマトリートメントを提供する上で必要な知識を習得したと認められる信用のある資格です。

JAA(日本アロマコーディネーター協会)とは、アロマセラピーを広める為の指導や情報提供を する為に1955年に発足。アロマコーディネーターの認定試験制度や。アロマコーディネーターの活動を支援している協会。

国内で1番歴史のある団体。

アロマセラピーは「医療」「健康」「美容」「福祉」「環境」「スポーツ」などの様々な分野で注目され広まっています。またストレスの多い現代社会では、ますます需要は高まり、仕事としての価値が高まってきています。